2011年わが社の経営戦略 常にチャレンジ精神で臨む

私は新年度から、代表取締役社長という重責に就くことになった。ビジネス構造やスピードなど大きく変化する時代だが、世界的視野に立ち、持ち前のチャレンジ精神で社業に取り組んでいきたい。

当社は昨年、中国、韓国、台湾を中心に東南アジアに注力、予想以上に回復が早くV字回復に近かった。一方、国内はまだ完全に回復しておらず、これから具体的戦略に移していきたい。

当社は、シュナイダーグループの中でコンピテンスセンター的役割を担っており、当社主体で中国でも営業・マーケティング・開発活動などを活発化させている。中国の経済成長は鈍化しないと見ており、よりマーケティングを強化していく。

また、韓国・台湾は当社のシェアが拡大しており、今後はインドでの事業拡大を図る。アジア地区は、日本を中心に1つのアジアグループとして全体で捉えており、新たな事業戦略を構築し積極的に展開していきたい。

欧州はEUを中心に展開しているが、今後は東側にも事業を拡大したい。また、米国は主に南米での事業拡大を図る。海外は各エリアの要求に対応できる製品を出していく方針である。

国内は、産業界を盛り上げるための提案を常に考えており、例えばロボットやモーションコントロール分野など事業面でソリューションを生み出せる部分があればコラボレーションしていきたい。また、同じシュナイダーグループのシグナリング機器メーカー、アローと4月1日付で合併することに合意した。今後、アローとは開発・生産・販売におけるシナジー効果を出していきたい。

当社は今年設立40周年を迎えるが、今後も「イノベーション」をキーワードに、常にチャレンジ精神を持ち、顧客に満足して頂ける製品を提供していきたい。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る