2011年わが社の経営戦略 「PLAN115」実現へ基礎固め

昨年10月、飯塚前社長の後任として社長に就任した。ここ数年取り組んだ社内改革により、損益分岐点が下がっていることに加え、新規の事業・商品も売り上げにプラスされてくることから、今後の発展への道筋が整ってきた。

2011年3月期の連結売り上げは前期比37%増の81億円とほぼ計画通りになる見通しで、利益も黒字になるが、上方修正になる可能性もある。売り上げは過去のピーク時までは届かないが円高であることやスイッチ、コネクタ中心から、付加価値の高い成型部品やプレス部品の加工・アッセンブリの売り上げ比率が高くなるなど内容的には大きく変わっている。

11年4月から5カ年中期経営計画「PLAN115」をスタートさせる。100億円の売り上げと10億円の利益を5年間で達成するというのが目標であるが、コンスタントにこの数字が維持できるような社内体制を整備していくことが重要で、数値は全社員にわかりやすく理解してもらうためである。しっかりした基盤を作り、柱になる商品、サービスを提供できる準備期間として捉えていきたい。

その初年度の売り上げは10%増の88億円を目指すが、先行きは不透明であり、かなり努力しないと達成できない数字である。中国市場も付加価値のある拠点にするために引き続き注力していくと共に、販路も西の方にも強化したい。

スイッチ、コネクタ、端子台に加え、金型、プレス、モールド、アッセンブリなどを一貫してできるのが当社の大きな特徴であり、トータルメカニカル部品メーカーとして、製品設計段階からトータルなサービスを提供していく。また、主力のスイッチ事業も含め売り上げを元のベースに戻すための経営戦略を、今年から来年にかけて練り直す考えである。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG