2011年わが社の経営戦略 開発、営業両面で体制強化

昨年を振り返ると、年初の不安要素が月を重ねるごとに予想以上の回復を示し、久し振りに明るい気持ちで新しい年を迎えることができた。

昨年12月期の売り上げは、前期と比べ50%程度増加した模様である。

製品では全体が良かったが、なかでもDIPスイッチの伸長が大きい。産機関係の伸びは緩やかであるが、民生関連、住宅の照明関係向けがエコポイント、省エネブームもあって成長した。また、エアコン用コントロール装置向け部品の販売も順調である。

DIPスイッチの受注増加、コスト競争に対応するため、中国委託生産を強化した。日本の製造業のほか、台湾、韓国なども中国に生産拠点を移しており、製造技術がかなり高まっている。当社にとっても、品質を維持しながらコストダウン効果が出ている。

今年の景気は、昨年並みと見ている。エコカーの補助金がなくなり、家電のエコポイントも対象商品が減るなど、景気対策の効果が薄れる。一方でリーマンショック後の世界同時不況の経験が生きるので、急な景気の冷え込みはない。先進国、中国などは政経の一体化を強めており、不安材料もある。

当社では受注が年末から鈍化気味であるものの、産機関係が堅調に推移し、3月までは比較的順調に推移しよう。その先は不明である。消費動向と設備投資動向では時間のずれがあるので、舵取りが難しい。

こうした中で、2011年12月期は売り上げを前期比で2桁増加させたい。同時に、次の成長に向けて開発、営業両面で体制を整える大切な1年と位置付けている。

国内はLED照明、太陽光発電など環境分野向けに新製品を開発したい。海外では特に中国市場での営業を強める。円高ではあるものの、積極的に開拓していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG