2011年わが社の経営戦略 環境・グローバルで成長路線へ再発進

2011年1月5日

産業システム事業部は、国内10社、海外11社の計21のグループ会社、国内2工場(府中、三重)と連携してグローバルな展開を図っている。2010年度の状況は、09年度上期を底にして、売り上げは上がってきているが、リーマンショック前まではまだ戻っていない。それでも需要は回復しつつあり、またインバータは中国での販売が倍増するなど好調である。 11年度は、国内市場は先行き不透明であるが、海外市場は伸びシロがあり、特に新興国市場にチャレンジしていくことで、30%は伸ばしたい。 東芝では、経営方針として、利益ある持続的成長への再発進、グローバル事業展開の加速、イノベーションのさらなる進化、CSR経営の推進を…