フジソク スルーホールリフローに対応 トグルスイッチを発売

2010年12月22日

フジソク(川崎市中原区木月住吉町24―12、TEL044―433―5721、笠井徹社長)は、スルーホール
リフロートグルスイッチ(THR)「CF―TAシリーズ」=写真=を、2011年1月11日から発売する。サンプル価格は、操作部形状のスタンダードタイプが230円、ロッギングタイプが350円。月産3万個でスタートし、3年後に同10万個を計画している。

新製品は、トグルスイッチでは業界で初めてTHRに対応しており、基板取り付け強度を確保するとともに、供給梱包仕様はテーピング(リール品)で行うことで、取り付け作業工数の削減にも繋がる。

本体材料はリフローはんだに強い耐熱性樹脂を採用し、接点部も信頼性の高い金メッキを使用している。用途は、通信機器、業務用カメラ、放送機器、産業機器など。

通信機器、産業機器向けのトグルスイッチは、SMD化の要求が多く、微小電流値で小型スイッチの需要も伸びている。

しかしSMDでは、基板取り付け強度に不安を感じまたニーズもあることから、同社ではATEシリーズをベースに、スルーホールリフロー対応品もラインアップしたもの。

主な仕様は次の通り。

▽定格=0・4VA最大(AC/DC48V50mA最大)▽最小定格=AC/DC20mV1μA▽接触抵抗=50mΩ以下▽絶縁抵抗=500MΩ以上(DC500V)▽耐電圧=AC500V1分間▽使用温度範囲=スイナス40~プラス85℃。