不二電機工業 鉄道車両分野の事業拡大 海外事業は早期に売り上げ5億円へ

2010年12月22日

不二電機工業は、鉄道車両分野に向け、高信頼性のスイッチや表示機器を中心に事業の強化拡大を図る。また、海外事業においても重電・電力分野を中心に鉄道車両向けへも拡販を図る方針で、早期に海外事業の売上高5億円を目指す。 同社は、1992年に鉄道車両向けに高性能の運転台切換スイッチを開発、JRなどに採用され鉄道車両分野へ参入を開始した。 その後も連結操作スイッチや保安器切換スイッチ、運転台表示灯など運転台関連のほか、戸閉め検出スイッチ、信号遅延リレー、尾灯・標識灯、車側灯、さらに床下制御機器として絶縁耐圧スイッチ、絶縁耐圧用コネクタ、断路端子台などが、各電鉄会社の車両に採用され高い信頼と評価を築いてき…