産業用コンピュータ主要各社の重点製品 東芝産業用サーバ「FS1000S」 RAIDコントローラ搭載

2010年9月22日

東芝は産業用コンピュータとして、ラックマウントタイプ、デスクトップタイプ、スリムタイプ、UPS機能内蔵タイプをはじめ、エントリーモデルなど用途に応じて選べる業界トップレベルのラインアップを誇る。また、保守サービスもきめ細かなネットワーク体制と多様な内容でユーザーの満足度向上を図っている。 このほど新製品として発売した産業用サーバ「FS10000S」は、新たに開発したRAIDコントローラを搭載することで、短時間で正確に障害解析を行え、産業用サーバとして大量、高速、連続処理を行うと共に、リビルド処理、パトロール機能、メディアエラー時のリカバリー処理、整合性チェックなどにも対応できる。 CPUには「…