制御機器・システム 規制・制度改革を注視太陽光発電など普及後押し

2010年9月22日

政府は「規制・制度改革に係る対処方針」を閣議決定し、太陽光発電、水力発電、水素ステーション、コージェネレーションなどの普及へ建築基準法、電気事業法などが見直されることになった。配電制御システムや制御機器業界にとって関連市場の拡大が見込め、改革内容と措置期間に注視している。 規制・制度改革に関する分科会の報告書(案)では各府省庁が取り組む規制改革事項・対処方針がまとめられている。 配電制御システムや制御機器業界に関連するグリーンイノベーションワーキンググループでは再生可能エネルギーの導入に向けた規制の見直し、燃料電池自動車・水素ステーション設置の規制再点検、スマートメータの普及促進に向けた制度環…