山武 工業用燃焼炉の安全を推進ソリューション機器提供とサポートを強化

2010年9月22日

山武は、工業用燃焼炉の安全を構築するソリューション機器の充実と販売サポート体制を強化する。 機械安全/リスクアセスメントなどのJIS化や労働安全衛生法の改正によりリスクアセスメント努力義務(28条の2)が設備メーカーおよびユーザーに要求され、また、2008年に機械安全をベースとした「工業用燃焼炉の安全通則JIS B 8415」の改正により、工業炉における安全構築において、工業炉を設計・製造するメーカーや使用するユーザーによるリスクアセスメントの実施や改正JISへの対応が進められている。 工業炉などでも、生産現場における火災・事故等を防止するために、様々な対策が講じられ、爆発や火災リスク低減のた…