JSIA 配電制御システム 魅力増す「検査技士」称号 各社が技術者に取得を奨励 10月に学科・実技試験実施

2010年7月28日

日本配電制御システム工業会(JSIA、盛田豊一会長)は、配電制御システム検査技能審査試験を10月16日に全国8会場で一斉に実施する。8月9日まで受験申請を受け付ける。 試験は1級、2級の区分があり、各級ともに学科と実技試験が実施される。実技・学科両方の合格者には各級の「配電制御システム検査技士」の称号が与えられる。 学科試験の形式は多肢択一法による筆記試験で、問題は50題、試験時間は1時間。実技試験は筆記試験、写真鑑別試験(2級のみ)、回路検索作業(テスタを使用した模擬回路の短絡・開放の点検作業)で時間は85分。受験資格は、2級は実務経験がなくても可能。1級は実務経験3年(2級合格後の実務経験…