Check !!

山武 高精度で有数の実績コリオリ質量流量計を発売

山武は、米・GE社のコリオリ質量流量計「Rheonik(レオニーク)」を日本・アジア市場向けに仕様を変更し、azbilブランド商品として今月から販売開始した。第1弾では、食品、飲料、薬品、樹脂、電気・電子、自動車などの市場向けに、2011年には化学、石油化学の防爆エリアでのアプリケーションに対応する日本のTIIS防爆仕様も投入して、15年には1000台、年間売上高15億円、国内シェアは30%以上を目指す。

コリオリ質量流量計は、流れる液体、気体の質量を直接測定できる流量計で、体積式流量計のように温度・圧力補正は不要であり、指示値の〓〓0・2%(液体の場合)の精度が保証されるため、生産性向上、取引精度の向上に貢献する。

Rheonikのコリオリ質量流量計は、自動車製造・ガス取引・食品装置・太陽電池装置などのアプリケーションにおいて高い信頼性と実績を有し、またパイプの曲げ加工から校正まで一貫生産を行っており、特に小口径のコリオリ質量流量計については、世界でも有数の実績と高い評価を得ている。山武は、2線式電磁流量計で世界トップの納入実績を持つなど、電磁流量計、差圧流量計、サーマル流量計を中心として流量計ビジネスを積極的に展開し、世界で約100億円の売上高を誇る。

今回、Rheonikブランドのコリオリ質量流量計を販売開始することで、測定可能な流体、アプリケーションを拡大できる。

販売するのは「Admass(アドマス)コリオリ質量流量計」で、口径は10~300ミリ(世界最大)までを用意し、最小流量は0・00075キログラム/分から、最大流量は2万3000キログラム/分まで可能。

日本・アジア仕様では、高温多湿な環境への対応を強化し、配管接続などに関してもJIS仕様を追加した。さらに、RoHS対応、CEマーク、PEDなど欧州指令の基準をすべて満足している。

なお、口径10~50ミリまでの製品は、azbilグループの山武瑞穂で日本の国家標準に基づく実流校正を行い出荷し、定期的な保守・メンテナンスも山武瑞穂で校正の提供を行う。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG