光軸別出力エリアセンサ発売SUNX

光軸別出力エリ
アセンサ発売
SUNX

【名古屋】SUNXは、光軸ごとに出力を持つエリアセンサで多彩な制御が行える「光軸別出力エリアセンサNBシリーズ」を発売した。

これは、エリアセンサの全光軸の遮光状況を個別にシリアル形式で出力する。遮光された光軸の数と位置から、検出物体の通過位置や大小の判別、形状の違う品種の判別など多彩な制御が行える。検出距離は最大で13メートル、検出幅は最大1・26メートルで、このエリアを通過する物体が検出できるため、さまざまな生産設備や物流ラインに適用可能。

耐環境性能に優れたシームレス構造で、保護構造IP67を実現、水やホコリの多い場所でも使用できる。パラレル形式で出力する専用コントロールボードを用意、エリアセンサのシリアルデータをパラレルに変換し、MILコネクタ対応のPLCなどへ64チャンネル分の出力をスムーズに送ることができる。光軸が8から64までの8機種があり、価格は6万5000~24万7000円、コントロールボードは3万8000円。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る