本質安全防爆構造 の検索結果

安全対策の高まりで需要拡大の防爆関連機器市場 防爆ネットワーク構築が加速 

新たな防爆技術も提案されている。「DART」という防爆技術は、電気回路全体をモニターできるインテリジェントな検出回路を使うことで、危険なスパークなどを検出すると、その電源をマイクロ秒以内でOFFにし、スパークが誘引されて爆発などが起きないように防御する。今まで大容量な電源が必要な機器を危険場所で使用するには制約が多かったが、この制約が解消されるほか接続できる機器数の増加やケーブルも長くできるなどの利点が生まれる。 防爆対策には、「耐圧防爆」「内圧防爆」「安全増防爆構造」「本質安全防爆」「油入り防爆構造」などがある。 「耐圧防爆」は着火源を頑丈な箱で被い、電気火花により着火した火炎や高温ガスを箱…


新たな展開を見せる防爆機器市場 進む石油化学プラントのリニューアル 大電流対応へ新防爆技術を提案期待高まる海外のエネルギー開拓向け需要

防爆関連機器市場は、石油化学プラント・施設などを中心にリニューアルが進み、安全対策の強化へ盛り上がりを見せている。また、規制の緩和などの法改正や、新しい概念の防爆技術も提案されている。市場規模もバリアリレーや、防爆パソコン、防爆タッチパネル、防爆バーコードリーダーなど各種センサー、回転灯などの制御機器で50億円前後と推定される。ユーザーも高圧ガスを取り扱う事業所での事故件数の増加に伴い、改めて防爆関連機器に対する関心が高まっている。海外では、ロシアや中国、東南アジア地区を中心に市場が拡大している。製品展開では、海外の防爆規格や各種の防塵防爆規格に対応した製品が数多く登場しており、グローバルでの…


防爆機器主要各社の重点製品 中村電機製作所防爆型パソコンシステム 誰でも簡単に使用できる

中村電機製作所の防爆型パソコンシステムは、産業用パソコン(Windows XP Pro)を使用し、危険場所に設置でき、防爆制御システムの構築に大きく貢献する。 本体(EX5056―1)は耐圧防爆構造、キーボード(GIKEY―1)、オプションのマウスは本質安全防爆構造。このためWindowsでの起動が可能なパソコンを危険場所に設置でき、一般のキーボード及びマウスを扱うような感覚で誰でも簡単に使用できる。耐圧防爆構造のスピーカも装備している。 また、同社の防爆バーコードスキャナとの接続により、その用途がさらに拡大できる。 同スキャナは、特殊プラスチックの採用と小型化により450グラムの軽量化を実現…


SUNX レーザ変位センサ発売防爆型ファイバセンサも

【名古屋】SUNXは、中・長距離から広い範囲を高速に距離測定できる高速同軸レーザ変位センサ「HL―H1シリーズ」、ファイバセンサとしては初めて爆発性雰囲気中でデジタル2画面表示を搭載した防爆デジタルファイバセンサ「BFX―100シリーズ」を発売した。 「HL―H1シリーズ」は、ワークへ照射するレーザ光とワークからの反射光が同一の光路軸となる同軸測距方式の変位センサ。コノスコピック原理を応用し、ホログラフィ方式の考え方を取り入れた新しい検出方式の採用により、測定距離の長距離化と広い測定範囲を実現。小さな穴の深さや狭い隙間奥の位置測定、半球体など角度のある形状の測定など、これまでの変位センサでは難…