制御用リレー の検索結果

FA関連機器 製品・技術展望 リレー 新エネ関連分野にも期待

リレーは、電気信号を受け機械的な動きに変換する電磁石と、電気を開閉するスイッチで構成されており、幅広い用途がある。 日本電気制御機器工業会の制御用リレーの出荷統計によると、2011年度は1321億円(前期比2・4%減)だったが、12年度上期は675億円となり同5・0%増加している。 性能面では、小型、低消費電力、長寿命、高信頼性、高周波特性、静音性に加え、安全性、環境性などが重視されている。 制御用リレーには、有接点リレー、無接点リレー、ハイブリッドリレーなどがあり、制御盤用リレーはシーケンス制御や、直接負荷開閉できるタイプなど種類が豊富である。 機器内蔵用リレーは、高容量・高耐圧の多極パワー…


最新の製品・技術動向を探る FA関連機器 リレー 重視される安全性・環境性

リレーは、電気信号を受け、機械的な動きに変換する電磁石と電気を開閉するスイッチで構成されており、電気を使用する機械・装置のほとんどに使用されている。 性能的には小型、低消費電力、長寿命、高信頼性、高周波特性、静音性に加え、安全性、環境性などを重視した製品が主流になっている。 制御用リレーには有接点リレー、無接点リレー、ハイブリッドリレーなどがあり、制御盤用リレーはシーケンス制御や、直接負荷開閉できるタイプなど種類が豊富である。機器内蔵用リレーは、高容量・高耐圧の多極パワーリレーなどがあり、コンプレッサやヒータ、モータの特性に応じ使い分けられている。 市場が大きい車載用リレーは、小型、低背、低消…


12年度の電気制御機器出荷見通し2.6%増の6200億円NECA

日本電気制御機器工業会(NECA、山田義仁会長)は、2012年度の電気制御機器の出荷見通しを11年度比102・6%(160億円増)の6200億円となる見通しを発表した。これは過去最高の出荷であった07年度(6662億円)に対して、93・1%の水準。NECAでは、11年度は東日本大震災が発生したことから、出荷見通しの公表を控えており、2年振りの公式な見通しとなる。 国内出荷は同103・4%の3950億円で、輸出は同101・3%の2250億円となり、国内出荷の伸びを高く見ている。 国内出荷は、震災からの復興需要の立ち上がりが本格化し、住宅や道路などインフラ整備や設備投資が上向き傾向になると予測。ま…


車載用の市場広がる リレー

リレーは、電気信号を受け、機械的な動きに変換する電磁石と電気を開閉するスイッチで構成されており、電気を使用する機械・装置のほとんどに使用されている。 日本電気制御機器工業会(NECA)の制御用リレーの出荷統計によると、2009年度はリーマンショックの影響で前年比16・4%減の1007億円だったが、10年度はV字に回復し同34・3%増の1353億円、11年度も第1四半期は震災があったものの同3・5%増の339億円と伸長している。 性能については小型、低消費電力、長寿命、高信頼性、高周波特性、静音性に加え、安全性、環境性を重視した製品が数多く登場している。 中でも車載用リレーは、こうした特徴を持つ…


SCF小間割図 FA市場飛躍への起爆剤に多様な課題解決へソリューション展示

11月16日から3日間、2年ぶりに開催される「SCF(システム コントロールフ ェア)2011」は、リーマンショック後順調に回復を見せているFA市場にとって、次への飛躍に向けた起爆剤として大きな役割を担っている。 3月の東日本大震災によって大きな影響を受けている日本経済にとって、ものづくりのサポートインダストリーとしてのFA機器は大きな推進力を果たしている。FA分野を取り巻く市場環境は今のところ前年同期を上回る状況で推移しているものの、タイの洪水被害、依然高止まり状態が続く円高、ギリシャをはじめとした欧州の経済不安など先行きが読み切れない部分も多い。この中でFA機器へのニーズも変化が見られ、省…


FA関連機器 最新製品・技術動向 リレーEVの増加で車載分野に期待

リレーは、電気信号を受け、機械的な動きに変換する電磁石と電気を開閉するスイッチで構成されており、電気を使用する機械・装置のほとんどに使用されている。 性能的には小型、低消費電力、長寿命、高信頼性、高周波特性、静音性に加え、安全性、環境性を重視した製品が数多く登場している。 制御用リレーには有接点リレー、無接点リレー、ハイブリッドリレーなどがあり、制御盤用リレーはシーケンス制御や、直接負荷開閉できるタイプなど種類が豊富である。機器内蔵用リレーは、高容量・高耐圧の多極パワーリレーなどがあり、コンプレッサやヒータ、モータの特性に応じ使い分けられている。 また、特殊動作用リレーは、ポンプ制御やモータ駆…


NECAが将来ビジョン策定 ソフト分野も取り込む電気制御機器産業振興へ 製品、分野、地域を拡大し、魅力ある業界に

国内製造業の海外シフトが進んでいるが、電気制御機器業界もグローバル化対応が求められている。一部の製品・企業では、こうした動きに連動した取り組みが行われているものの中堅以下の専業メーカーが多いこともあり、対応が遅れ気味となっている。また、コンピューターなどIT技術が製造現場でも大きなウエイトを占めつつあり、従来のハードウェア中心からソフトウェアやエンジニアリングなどの割合も高まっている。ものづくりの基盤技術を支えている電気制御機器産業が、今後の成長に向けた新たな方向性が求められている中で、日本電気制御機器工業会(NECA)は、将来ビジョンを打ち出し明確化した。 電気制御機器の輸出比率は、NECA…


FA関連機器の 光半導体リレーの用途が拡大リレー

リレーは、電気信号を受け、機械的な動きに変換する電磁石と電気を開閉するスイッチで構成されており、電気を使用する機械・装置のほとんどに使用されている。 性能的には小型、低消費電力、長寿命、高信頼性、高周波特性、静音性に加え、安全性、環境性を重視した製品が数多く登場している。 制御用リレーには有接点リレー、無接点リレー、ハイブリッドリレーなどがあり、制御盤用リレーはシーケンス制御や、直接負荷開閉できるタイプなど種類が豊富である。機器内蔵用リレーは、高容量・高耐圧の多極パワーリレーなどがあり、コンプレッサやヒータ、モータの特性に応じ使い分けられている。 また、特殊動作用リレーは、ポンプ制御やモータ駆…


FA関連機器の最新製品・技術動向 光半導体リレーの採用が増加傾向 リレー

リレーは、電気信号を受け、機械的な動きに変換する電磁石と電気を開閉するスイッチで構成されており、電気を使用する機械・装置のほとんどに使用されている。 リレー市場は、日本電気制御機器工業会(NECA)による制御用リレーの統計では、09年度は上期が景気低迷により需要が減少した影響で、1008億円(同17・4%減)となっている。 制御用リレーには有接点リレー、無接点リレー、ハイブリッドリレーなどがあり、制御盤用リレーはシーケンス制御や、直接負荷開閉できるタイプなど種類が豊富である。機器内蔵用リレーは、高容量・高耐圧の多極パワーリレーなどがあり、コンプレッサやヒータ、モータの特性に応じ使い分けられてい…


NECA 10年上期出荷62.1%増輸出比率も40.6%と過去最高に

電気制御機器の2010年度上期(4~9月)の出荷額が3094億6000万円と、前年同期比62・1%増加した。これはリーマンショック前の08年度上期比では94・6%の水準で、約5ポイントまで迫っている。 日本電気制御機器工業会(NECA)では、10年度上期の出荷見通しを約8・0%増の2790億円としていたが、これを10・9%上回った。国内出荷額が1838億円(同52・7%増)、輸出が1256億円(同78・1%増)となっており、輸出はリーマン前の水準を超えており、輸出比率も半期では初めて40%を超える40・6%となって、過去最高を更新した。アジア・太平洋地域の堅調な需要拡大が牽引しているが、第2四…