ハイブリッド端子台 の検索結果

V字回復見せる配線接接続機器市場 半導体・液晶製造装置、電子部品実装関連分野が順調に拡大 端子台 一部では納期遅れの製品も 新エネ、スマートグリッドに期待

配線接続機器市場は、08年の金融危機以降、設備投資抑制の影響を大きく受けていたが、昨年の5月、6月を底に市場は急回復、今年に入ってから第1四半期(4~6月)までV字回復を示している。NECAの接続機器を含めた制御専用機器の出荷統計では、08年度(08年4月~09年3月)1099億円(同12・8%減)、09年度は1025億円(6・8%減)と2期連続で減少していたが、10年度は第1四半期で同46・4%増の310億円となっている。 特に、国内向けの需要回復が大きく国内実績は206億円(同60・8%増)となっており、輸出も103億円(同24・2%増)と増加している。NECAは当初、今年度は同22・0%…


半導体、電子部品関連向けで好調な配線接続機器 新エネルギー・スマートグリッド関連に期待 一部で納期遅れの製品も懸念される原材料の高騰 端子台

配線接続機器市場は、08年の金融危機以降、設備投資抑制の影響を大きく受けていたが、昨年の5月、6月を底にV字に近い急回復を示している。特に、大きな市場であった半導体・液晶製造装置分野。電子部品製造分野が大きく回復しているほか、デジタル家電を中心とした民生分野は、産業分野ほどの打撃を受けておらず、電子部品関連分野など好調に推移している。 加えて、太陽光発電や風力発電などの新エネルギー発電関連、さらに省エネ・環境への配慮から鉄道車両分野などでの需要が急増している。また、電力送配電の効率化を狙いとしたスマートグリッド絡みでの新しい市場創造も具体化しつつある。 さらに大きな市場である電力など重電分野は…


上昇基調の配線接続機器市場 太陽光や風力など新エネルギー分野の需要に期待 小型・薄型化と配線作業性の向上、安全性の確保、接続信頼性を追求 好調な海外市場が牽引コスト増と納期対応で課題

端子台、コネクター、配線資材などの配線接続機器は、幅広い需要の裾野に支えられて上昇基調を示している。特に、このところの急速な受注増は、配線接続機器メーカーの生産能力を超えており、納期面で苦慮するところが増えている。この動きと並行して素材価格上昇の動きも見られることで、配線接続機器各社はコスト対応にも追われている。端子台、コネクター、ケーブルアクセサリーなどの国内市場規模は、2007年で6000億円前後を形成していたが、08年秋の金融危機を契機に急速に減少、08年は5500億円前後、09年は4000億円前後と推定される。09年前半は前年同期比40~50%減少していたが、後半は急速に回復し、減少幅…