日本食品機械工業会 の検索結果

FOOMA JAPAN 2017 開催にあたって

◇一般社団法人 日本食品機械工業会会長 林 孝司 「食品」の発展目指す 一般社団法人 日本食品機械工業会は、食品機械工業の発展と国民生活の向上に貢献することを目標に、さまざまな活動を行っております。その中で最も大きな事業がFOOMA JAPAN(国際食品工業展)です。昭和53年以来、実に40回目となるFOOMA JAPAN 2017は、6月13日(火)~16日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催いたします。 FOOMA JAPAN 2017では前回よりも会場面積を拡大し「食の未来への羅針盤。」をテーマに、「食」の安全安心を固守しつつ、最新の製品・技術・サービスを披露することで、食品に関連す…


FOOMA JAPAN 2017 出展申し込み受付開始

  日本食品機械工業会は、2017年6月13日〜16日の4日間、東京ビッグサイトにおいて「食の未来への羅針盤。」をテーマに、「FOOMA JAPAN2017国際食品工業展」を開催する。 この工業展は、食品製造プロセスの上流から下流まであらゆる分野の製品や技術およびサービスなどが一堂に集結する「食の技術」の総合トレードショーで、会場内では出展社と来場者のみならず、出展社同士の商談も活発に行われている。例年、国内外から約10万人が来場しているが、16年は海外からの来場者数が前年の1.5倍に増加するなど、新たな食のビジネスを切り拓く場として、海外からの注目度も年々高まっている。78年の初開…


「FOOMA JAPAN2016 国際食品工業展」6月7日~10日東京ビッグサイトで開催

■アジア最大級「食の技術」総合トレードショー 国内外から683社が出展 「食」の安全 さらに追求 日本の食文化 世界から熱視線 アジア最大級の「食の技術」の総合トレードショー「FOOMA JAPAN2016 国際食品工業展」(主催=日本食品機械工業会)が、6月7日(火)から10日(金)までの4日間、東京ビッグサイト(東1~6ホール)で開催されている。展示面積2万8492平方メートルに、683社が出展。国内外から10万人規模の来場者が見込まれている。開場時間は10時~17時。入場料は1000円(招待券持参者、事前登録者は無料)。 同展は、食品機械をはじめ、原料処理から製造、物流にいたるまで食品製…


FOOMA JAPAN2015 アジア最大級「食の技術」総合トレードショー

アジア最大級の「食の技術」の総合トレードショー「FOOMA JAPAN2015 国際食品工業展」(主催=日本食品機械工業会)が、6月9日(火)から12日(金)までの4日間、東京ビッグサイト(東1~6ホール)で開催された。展示面積2万8102平方メートルに、681社が出展。国内外から9万人以上の来場があった。 同展示会は、食品機械をはじめ、原料処理から製造、物流にいたるまで食品製造のプロセスに関わる企業が一堂に集まる食品技術の総合トレードショー。38回目を迎える今回は、「発見!『食』はいつも進化系。」をテーマに、昨年を12社上回る681社が出展した。 ■国際化がキーワード 東京オリンピック、和食…


「海外からの来場も増加、新製品・技術を訴求」 FOOMA JAPAN2015展示会実行委員会 櫻澤誠

日本食品機械工業会は、2015(平成27)年6月9日(火)から12日(金)の4日間、東京ビッグサイトにおいて「FOOMA JAPAN2015 国際食品工業展」を開催いたします。 FOOMA JAPANは、食品製造プロセスのあらゆる分野を網羅したアジア最大級を誇る「食の技術」の総合トレードショーとして着実に成長発展してまいりました。例年10万人規模の安定した集客を誇り、また、ここ近年海外からの来場者も増加傾向にあるなど、出展社からも出展効果において高い評価をいただいております。 38回目となる今回は、出展社数が681社となりました。FOOMA JAPANは、特定の分野に集中することなく、「食」に…


6月の催し

◇JPCA Show2015 第45回国際電子回路産業展/2015プリント配線板技術展/2015半導体パッケージング・部品内蔵技術展/2015機器・半導体受託生産システム展(3―5日)=東京ビッグサイト。連絡先:日本電子回路工業会TEL03―5310―2020。有料 ◇ラージエレクトロニクスショー2015 プリンテッドエレクトロニクス最適生産システム展/2015部品・MEMS・デバイス産業総合資機材展/2015LED・OLED応用技術展(3―5日)=東京ビッグサイト。連絡先:日本電子回路工業会、半導体産業新聞TEL03―5310―2020。有料 ◇WIRE JAPAN SHOW2015(電線・…


FOOMA JAPAN 6月9日から4日間東京ビッグサイト

「FOOMA JAPAN 2015国際食品工業展」(主催‥日本食品機械工業会)が、6月9日から12日までの4日間、『発見!「食」はいつも進化系。』をテーマに、東京ビッグサイトで開催される。入場は無料(登録制)。 昭和53年以来、38回目となる「FOOMA JAPAN」は、食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及が図られ、食品産業の一層の発展に寄与している。今回は「食の安全・安心」への関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」が提案される。 特別企画として、大きく二つのテーマが取り上げられる。一つは「生産性向上設…


制御盤の個別配線方式 スプリング端子に効果 JSIAが報告書

日本配電制御システム工業会(JSIA、丹羽一郎会長)は、制御盤製作の省コスト化として、個別配線ではスプリング端子方式による接続の採用を進めていくことにした。これに関連し、配線のマークチューブに脱落しない新しい製品開発をメーカーに促していくことや、スプリング端子でのスリーブ加工の工数が増えない技術・工法についてもメーカーに開発を求めていく。制御盤製作において、日本の国際競争力強化と国際標準化への対応が課題になっている中で、今回のJSIAの取り組みは、今後の動きに弾みがつくことが期待されている。 JSIAの制御・情報システム部会(田原博部会長)は、2010年6月から制御・情報システム委員会(天野敏…


Ceに続きUL適合モデル制御盤 食品機械工業会が制作6月の国際食品工業展で公開 メーカーの海外進出後押し

日本食品機械工業会(FOOMA、尾上昇会長)は、昨年のCEマーキング対応制御盤モデルに続き、UL適合のモデル制御盤を製作、6月11日から開催の国際食品工業展「FOOM JAPAN2013」で公開する。食品機械は今後グローバルな市場環境に置かれることから、機械安全国際規格対応が大きな課題となっている。そのため、ULとCE対応制御盤を製作した工業会は、会員のCEマーキングやULに対する取り組み支援に役立て、食品機械の海外市場進出を積極的に後押しする。「食の安全」と「労働安全」の確保へ国際規格対応に取り組んでいるFOOMA安全・衛生企画委員会は、労働安全対策の一環として制御盤設計の調査研究に取り組み…


食品関連制御盤技術革新の波 CEマーキング適合盤食品機械工業会が製作

日本食品機械工業会(尾上昇会長)は、機械安全国際規格IEC60204―1対応の制御盤モデルを製作し、国際食品工業展(FOOMA JAPAN)で公開した。制御盤に関しては日本配電制御システム工業会(丹羽一郎会長)が製造コスト削減で調査研究を行い実証段階に入っているほか、日本電気制御機器工業会(山田義仁会長)が設計安全の資格制度セーフティ・ベーシックアセッサ(SBA)を創設する計画である。生産方式から安全対策まで制御盤に技術革新の波が押し寄せており、配電制御システムメーカー、関連機器メーカーは各工業会の取り組みから目が離せない。 日本食品機械工業会安全衛生企画委員会は制御盤設計の調査研究に取り組み…