データ収集 の検索結果

三菱電機 きめ細かなエネルギー管理実現シーケンサ用電力計測ユニット発売

三菱電機は、生産設備の使用電力をきめ細かく計測して効率的なエネルギー管理を実現する計測機器として、同社の汎用シーケンサ「MELSEC―Qシリーズ」のベースユニットに装着できる「電力計測ユニット」(QE81WH)=写真=を1日から発売した。標準価格は7万円で、2010年度2000台、11年度6000台、12年度1万台の販売を計画している。 新製品は、シーケンサのベースユニットに装着できることから、シーケンサとの通信線や通信ユニットが不要となり省配線・省工数で、通信プログラムの作成作業もなしで、システム構築がスムーズに行える。 ユニットの外形サイズも27・4×98・0×90・0ミリと小型で、従来別…


コムシステム 円筒電極方式を採用ポータブルイオン測定器発売

各種イオン測定器のソフトウェアとハードウェアの開発・設計・製造のコムシステム(東京都昭島市松原町2―3―11、〓042―543―9062、古屋隆一社長)は、イオン測定に円筒電極方式を採用した、高性能・低価格・小型のポータブルイオン測定器「イオン・カウンター COM―3200PRO」を発売した。 イオン・カウンターは、自然界に存在する微少なプラスイオン/マイナスイオンから、人工的に発生させるイオン発生器のイオンまで、広範囲のイオンを測定することができる。 測定方式は、従来信頼性は高いが高価だったJIS標準の円筒電極方式を採用し、プロ仕様に仕上げている。 温湿度測定機能付きで、AC電源と内蔵バッテ…


オムロン 省エネ用各種データを簡単・自由に収集・蓄積センサネットワークコントローラ発売

オムロンは、電力使用量や温度など、省エネ対策に不可欠な各種データを簡単かつ自由に収集・蓄積できるセンサネットワークコントローラ「EW700―M20L」を発売した。オープン価格。販売目標は3年間累計で3500台。 EW700は、LANポートやWebサーバー機能、電源ユニット、外部I/Oまで、エネルギー使用の監視に必要な機能をオールインワン・一体化したデータ収集用コントローラ。同社の「KM50」など各種センサで計測した様々なエネルギー使用情報をプログラムレスで収集し、SDカードや顧客のサーバーへ定期的に保存する。 内蔵メモリに計測データを常時記録(余裕のメモリ)するので、システム障害やSDカード異…


2010電設工業展主要各社の出展製品 河村電器産業 「e-multi(イーマルチ)」 パルス入力で計測可能

河村電器産業は、多様なエネルギーのトータル管理が可能な「e―multi(イーマルチ)」を今回の電設工業展に出展する。 「e―multi」は、電力のほか、パルス入力により、ガス・燃料・水道・生産量などが計測可能で、多様なエネルギーの使用状況を一元管理できる。既存のLANを使用してネットワークが構築でき、自動でデータ収集を行う。 「eモニターLANタイプ」と同一システム上での使用も可能。 積算電力、電圧、電流、力率などの電力を計測する電力モジュール、燃料、エアー、生産量などを計測するパルスモジュール、使いすぎ警報や原単位警報を接点出力する警報出力などで構成される。 「データ閲覧ソフト」と「閲覧用デ…


注目集めるハイブリッド配線システム 電力の供給と利用を効率化直流/交流併用の環境整備 制御機器業界も需要期待

CO2削減・省エネにつながる次世代の住宅内配電システム「AC/DCハイブリッド配線システム」など、電力の供給と利用を効率化する「スマート・グリッド構想」を実現する動きが加速しているが、各住宅メーカーでは電力を効率的に利用する次世代住宅の研究・開発を推進しており、これらに関わる制御機器業界としても、民生用分野における大きな需要を形成するものとして期待を寄せている。 AC/DCハイブリッド配線システムは、電力会社から送電される交流電力と、太陽光発電システムや燃料電池などで作られる直流電力を効率よく配電するシステム。地球の温暖化が問題視される中、電力の送電網とITを融合し電力の供給と利用を効率化する…


Ethernet接続に対応 三菱電機 長時間の快適操作も可能ハンディタイプのプログラマブル表示器発売

三菱電機は、プログラマブル表示器「グラフィックオペレーションターミナルGOT1000シリーズ」の新製品として、6・5型の高解像度でEthernet接続にも対応したハンディタイプの「GT1665HS―VTBD」を発売した。標準価格は25万円。2010年度1000台の販売を計画。 新製品は、据置型の最上位モデルGT16モデルに準じた機能を内蔵した高解像度のハンディタイプで、画面サイズを従来の5・7型QVGA(320×240ドット)から6・5型に広げるとともに、VGA(640×480ドット)の高解像度と6万5536色の色彩表示能力で、操作時の視認性が向上した。 また、デザインも人間工学にもとづき片手…


日立産機システム 全社の見える化実現 「スマート・エネルギー・マネジメント・システム」発売

日立産機システムは、エネルギー監視統合システム「スマート・エネルギー・マネジメント・システム」を今月から販売開始した。新システムは、社内イントラを有効活用して「全社の見える化」を実現することで、エネルギーデータの管理を個人から企業へ移し、使いなれたパソコン上で、社員全員が情報を共有できる。 また、自動計測システム導入拠点からの「CSV自動出力」や、小規模監視システム(Webコントローラ内蔵)からのデータ送信、Web画面からの手入力、他社イントラ拠点からの「メールデータ送信」など多彩なデータ収集システムを用意している。 さらに、電力監視システム「H―NET」で信頼性の高いデータ収集ユニットと標準…


省エネ監視関連機器主要各社の重点製品 電力とパルス同時計測「イーマルチ」河村電器産業

河村電器産業は、電力とパルス(水道、ガスなど)を同時に計測、多様なエネルギーのトータル管理が可能な「e―multi(イーマルチ)」を好評発売中である。 電力のほか、パルス入力により、ガス・燃料・水道・生産量などが計測可能で、多様なエネルギーの使用状況を一元管理できる。既存のLANを使用してネットワーク構築ができ、自動でデータ収集を行う。 「eモニターLANタイプ」と、同一システム上での使用も可能。 積算電力、電圧、電流、力率などの電力を計測する電力モジュール、燃料、エアー、生産量などを計測するパルスモジュール、使いすぎ警報や原単位警報を接点出力する警報出力などで構成されている。 「eマルチデー…


需要急増の省エネ監視関連機器 電力消費の「見える化」で省エネ化支援 省エネ法改正が追い風収益性向上とCO2排出量削減を両立

日本政府は温室効果ガス削減を、2020年までに90年比25%削減という大きな目標を打ち出し、国内の産業界もこの目標達成を前提にした温室効果ガス削減に向けた活動を活発化させている。さらに昨年、省エネ法が改正され、工場、オフィスやコンビニエンスストアなどの消費エネルギー管理が、事業所単位から企業単位に変更になった。 こうした動きを背景に、省エネへの関心は一層高まり、照明のLED化推進や、インバータや高効率モーターの採用などが意欲的に進められている。また、電力消費の状態を監視する各種の監視関連機器も注目を集めている。これまで固定費として処理してきた各種設備の電気代を生産にかかる変動費に置き換え、削減…


横河電機 FDAの電子データ保存に対応ペーパレスレコーダを強化

横河電機は、ペーパレスレコーダ「Daqstationシリーズ」に、ネットワーク対応データ収集ステーションDXAdvancedの機能強化版「DXAdvancedR4(ディーエックスアドバンスト アールフォー)」の販売を開始した。 価格は35万円から。2010年度1万9000台、11年度2万台の販売を計画。 機能強化版では、世界標準として普及している米国のFDAが定めた電子記録及び電子署名に関する規格21CFR Part11に対応した。これによって医薬品製造時に義務付けられている各種データを、多チャネル入力、大容量メモリ搭載、高速測定するペーパレスレコーダで記録することが容易になる。 医薬品の製造…