ai の検索結果

日本プロフィバス協会7月に大阪・東京でセミナーとデモ開催ベンダー29社が協賛

日本プロフィバス協会は、「PROFIBUS&PROFINET Day2011」として、7月に大阪と東京でセミナーとデモを開催する。 同展は、産業用オープンネットワークPROFIBUSとPROFINETなどへの理解を深めてもらうために、06年から毎年開催している。今年も29社が協賛して開く。 今年の主な見どころとしては、PROFIBUSで、FA機器、PA機器を同じネットワーク上に並べて通信し、HMIで監視・操作できることを、上下水などのプラントによく使用されている電動バルブも接続してデモを行う。 また、PROFINETでは、制御のデータとTCP/IPデータをそのままの形で流せることを、SCADA…


産業用トランス主要各社の重点製品 究極の軽量・コンパクト実現「CLBシリーズ」相原電機

相原電機は、究極の軽量・コンパクト化を実現した変圧器の新シリーズ「CLBシリーズ」を好評発売中である。 CLBシリーズは、絶縁種別をB種、巻線仕様をノーレア方式にすることで、同社従来品と比べ20%~40%の軽量化を実現した。例えば1kVA相当クラスの場合、約3キログラムの減量を実現。サイズも10%~20%のコンパクト化を実現した。 300VA~2kVAタイプは、配線作業の効率化とダウンサイジングを図るため、接続端子台を片側にまとめた。さらに、端子台の電圧表示部を色分けすることで誤配線のトラブルも解消している。 また、突入電流を従来の約半分にすることでブレーカの小型化が図れ、省スペース化とともに…


AAC九州支社、山武商会九州支店を移転Azbilグループ

山武をはじめとするAzbilグループは、山武アドバンスオートメーションカンパニー(AAC)九州支社、及び山武商会九州支店を移転し、6日から営業を開始した。 ▽住所=北九州市小倉北区浅野3―8―1 AIMビル(〒802―0001) ▽電話=山武AAC九州支社093―285―3530、山武商会九州支店093―285―3751。


東芝南米で社会インフラ事業強化ブラジルの子会社を統合

東芝は、南米の社会インフラ事業をさらに拡大するため、変圧器の製造・販売などを行う「東芝電力流通機器ブラジル社」と開閉装置(AIS)の製造・販売などを行う「東芝電力流通システムブラジル社」を4月1日付で統合し、新会社「東芝社会インフラシステム南米社」を設立した。 同社は南米における社会インフラ事業として、「東芝電力流通機器ブラジル社」と「東芝電力流通システムブラジル社」が主に送変電事業を展開してきた。今後、南米では、社会インフラを整備する事業が多く計画されており、2014年のサッカー・ワールドカップや16年の夏季オリンピック開催を控えたブラジルでは、政府による経済成長加速化プログラムにより発電や…


五月の催し

◇第16回データウェアハウス&CRM EXPO/第2回クラウドコンピューティングEXPO「クラウドジャパン春」/第20回ソフトウェア開発環境展「SODEC」/第14回組み込みシステム開発技術展「ESEC」/第13回データストレージEXPO/第3回グリーンIT&省エネソリューションEXPO「GRIX」/第5回Web&モバイルマーケティングEXPO/第5回ダイレクトマーケティングEXPO「DME」/第6回RFIDソリューションEXPO/第1回スマートフォン&モバイルEXPO「スマートフォンジャパン」/第8回情報セキュリティEXPO春/第5回オフィス防災EXPO/第5回遠隔会議システムEXPO/第1…


躍進するFA・制御機器流通商社 サンナイオートメーションLED照明など省エネに注力

サンナイオートメーションは創業以来、「メカトロメーションのコンサルタント」を社是に掲げ、一貫して製造業の“工場丸ごと改善"に取り組んできている。近年は電気工事部門を充実し、工場だけでなく地域社会の省エネ・省力化、安全と安心化に取り組んでいる。安全設計から機器販売、システム設計・施工・保守まで行えるのが特色である。 取り扱いメーカーはIDEC、三菱電機、パトライト、竹中電子工業、竹中エンジニアリング、オリエンタルモーターなど多く、最適な制御機器とメカトロ機器を融合したベストオートメーションの提供が可能である。しかも、技術部門を持ち設備診断から設計、試運転、調整まで行っている。 技術商社だからでき…


躍進するFA・制御機器流通商社 大和無線電機商社機能全開でグローバルに使命完遂

大和無線電機は1948年設立と、今年で63年目に入っている。電子部品からFA機器まで幅広い製品領域を扱い“商社のコンビニ"を目指して、「1個でも1万個でも必要な時に、必要な場所へ、必要な技術(商品)を提供する」という経営姿勢を掲げ、仕入先、販売先との信頼関係も強い。 現在、東京・湯島の本社を中心に、関東地区に4カ所、大阪に1カ所の営業拠点、本社と埼玉に物流センターを構える。 また市場のグローバル化がますます進む中で、今年から本社内に「ダイテックジャパン」を設置し、香港の現地法人「DITEC」と連携しながら国内と海外の顧客・仕入先をシームレスにつなげる体制を構築した。 中国・深圳、台湾、シンガポ…


オムロンソフトウェアAndroid版名刺リーダーアプリ発売

オムロンソフトウェア(京都市下京区塩小路通堀川東入、TEL075―352―7400、細井俊夫社長)は、Android上で動作する名刺リーダーアプリケーション「Bizcaroid(ビズカロイド)」をAndroid Marketで販売開始した。マーケット提供価格は500円(機能拡張アドオンアプリは別費用)。 Bizcaroidは、同社が昨年9月からAndroid Marketに提供している無償版「Bizcaroid Lite」と同じく、組み込み機器上でもストレスなく動作する多言語OCRエンジン「モバイルOmCR」の技術を使い、カメラで撮影した名刺データを名刺情報(文字列)に変換するシステム。ユーザ…


4月22日「第1回製造改革セミナー」を開催アイオイシステム

アイオイシステム(東京都大田区大森北1―6―8、TEL03―3764―0228、多田潔社長)は日本ティキャムの協力を得て、「第1回製造改革セミナー」を4月22日、同社本社セミナールームで開催する。時間は午後1時~4時30分。参加費用は無料。定員30人。 デジタル技術を駆使して生産性と精度を同時に向上する製造作業支援システムを提供している同社は、製造の情報力と現場力をさらに強化し、併せて見える化を実現することに取り組んでいる。 第1回セミナーでは“もの造り"の基本をキーテーマに、「革新的な“モノ造り"構築の考え方・進め 方」、「ITを利用した技術伝承の具体例」などを紹介する。 参加申し込みはeメ…


操作用スイッチ主要各社の重点製品 日本開閉器工業有機ELディスプレイ「カラーISシリーズ」リアリティの美しい映像表示

日本開閉器工業は、操作用スイッチの総合メーカーとして、グローバルナンバーワンを目指した取り組みを強めている。 新製品として、DC400V対応の直流専用トグルスイッチ「S―821D/S―822D」を、2月10日から、防水形照光押ボタンスイッチ「YB2シリーズ」の角型タイプを3月16日から追加発売した。 一方、業界に先駆けて操作用スイッチに有機ELを採用した多機能押ボタンスイッチ&表示モジュール「有機ELディスプレイ カラーIS」は、ハイカラー(16ビットカラー:6万5536色)により、リアリティのある美しい映像表示ができ、コンパクトな画面に再現でき好評を得ている。高鮮明・高解像度・高コントラスト…