ドローン の検索結果

「Embedded Technology 2015」「IoT Technology 2015」 本格的なIoT時代到来 最先端の組み込み&“つながる”技術提案

■注目は自動運転、AI、インダストリー4.0 組み込み技術とソリューションが集約された世界最大級の展示会&カンファレンス「Embedded Technology2015(ET2015)」と「IoT Technology2015」(主催=組込みシステム技術協会)が、11月18~20日の3日間、パシフィコ横浜で開催された。すべての人・モノ・コトがつながるIoT時代を迎えた今、組み込み技術の重要性と将来への期待はますます高まっている。 進化する組み込みの先進技術が集まるEmbedded Technology。“つながる”技術の最先端を網羅するIoT Technology。これからの成長分野を支えてい…


FA・制御・電子部品流通 設備投資3年ぶり増加 ロボット活用で人手不足解消

FA・制御・電子部品流通を取り巻く環境は、総じて今年前半は前年同期を上回る状況で推移していたが、後半スローダウン気味の基調となっている。商社各社の売り上げは、前年を下回っているところもあるが、前年同期を数%~10数%上回っているところも多く、堅調に推移しているようだ。 国内市場はPV(太陽光発電)関連が牽引(けんいん)し、幅広い機器の需要拡大につながってきた。しかし、電力の買い取り価格の値下げや電力会社の買い取り制限など、PVを取り巻く環境が大きく変化してきたことなどから、急速に需要が減少している。 一方、省エネ関連の需要は安定して継続しており、工場のエネルギー使用の見える化や平準化、LED照…


最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN2015」 アジア最大話題の製品・技術一堂に 市場の垣根越え新たなビジネス創出

アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN2015」(主催=電子情報技術産業協会、情報通信ネットワーク産業協会、コンピュータソフトウェア協会)が7日から10日までの4日間、幕張メッセで開かれた。エレクトロニクスとIT関連機器の製品・技術が一堂に会する展示会として今回で16回目となるが、国際的に日本のIT・エレクトロニクス技術が高い評価を得るなかで、同展への期待は年々高まっており、今回も数多くの話題の技術・製品が披露された。 「CEATEC JAPAN2015」の今年の開催テーマは「NEXT-夢を力に、未来への挑戦」。IT・エレクトロニクス産業の幅広い分野におけ…


日本ロボット学会 9月3日から「学術講演会」

日本ロボット学会は9月3日から5日までの3日間、東京電機大学の東京千住キャンパスで「第33回日本ロボット学会 学術講演会」を実施する。 会期中は88の講演が予定され、サービスロボットから生活支援ロボット、製造業向けロボットなど、さまざまな発表が行われる。特別講演では、日本のドローン研究開発の第一人者・千葉大学の野波健蔵特別教授が登壇し、ドローンの最新技術動向や今後の展望について解説する。市民向けを含む一般公開企画のオープンフォーラムでは「ロボット事業における中小企業産学連携の在り方」や「このロボットがすごい2015」などが無料で聴講できる。 また会場では36の企業や団体が機器を展示。参加費は、…


テクノフロンティア2015エレクトロニクス・メカトロニクス関連の10分野が集まる専門技術展

モータ、電源などエレクトロニクス・メカトロニクスに関連する要素技術の10分野を集めた専門技術展「TECHNO―FRONTIER(テクノフロンティア)2015」(主催=日本能率協会)が、5月20日(水)~22日(金)の3日間、幕張メッセ(5~8ホール)で開催された。また、同時開催で「第1回国際ドローン展」「IoT Tech2015」「データセンター設備機器展2015」「マシンビジョンテクノロジー展2015」「オプトエレクトロニクステクノロジー展2015」「日本の匠技術展2015」なども開催された。 「TECHNO―FRONTIER」は、第33回モータ技術展、第24回モーション・エンジニアリング展…


「テクノフロンティア2015」 IoTやロボティクス技術を一堂 約500社・団体が出展

日本能率協会の主催による電子・機械部品の展示商談会「テクノフロンティア2015」が、20日(水)から22日(金)までの3日間、幕張メッセで開催された。モータ技術展をはじめ、電源、EMC・ノイズ対策、モーションエンジニアリングなど10の専門展示会で構成され、約500の企業・団体が出展。IoTやワイヤレス給電、ロボティクス技術など話題の技術を展示し、会期中に3万2000人の来場が見込まれた。 いま各方面で話題のIoT関連では、21日(木)に7ホールで「IoT最前線~日本版Industry4・1への展望」と題した特別講演会を実施。IoT/M2Mの技術標準化や業界アライアンスの動向、Industry4…


【産業用ロボットの今】インフラ点検ロボット メンテ現場から信頼 ~イクシスリサーチ~

イクシスリサーチ(川崎市幸区南加瀬5―18―16、TEL044―589―1500、山崎文敬社長)は、インフラのメンテナンスロボットを得意とし、業界内外から絶大な信頼を得ている。同社のこだわりは「徹底した現場主義」。ユーザーの課題解決に必要な要素を検証し、最適なロボットを作り上げる。「当社が作るのは空飛ぶヒト型ロボットではない。本当に”役立つロボット”だ」という山崎社長に話を聞いた。 -会社もロボットも非常にユニークだ。 そもそもロボットを導入したいという企業の真意は、ロボットが欲しいのではない。導入による効果を求めている。しかし、日本のロボット業界ではこれが理解できていない。まず既存のロボット…