パトライト 主力製品シリーズ刷新、回転灯光源寿命10万時間実現

パトライト(大阪市中央区)は、シリーズ刷新となる回転灯SK型とSF型、表示灯SL型を1月6日から発売した。 新製品はいずれもLED光源を採用しており、光源寿命は10万時間以上を実現。外観は汚れがたまりにくいスムースサーフェースデザインで、保護特性IP66/IP65(マウントラバー取付)、さらに2年間の無償修理対応保証付き。 灯体サイズはφ80、φ100、φ150mmの3サイズ、電源電圧は低圧(DC12V~24V)・高圧(AC100V~240V)の2ラインに集約。これまではさまざまなサイズ・電圧の存在により都度発注・生産を行っていたが、機種集約により在庫の適正化・短納期での提供が可能となる。 ま…

続きを読む

ミネベアミツミとルネサスエレクトロニクス、レゾルバ付きステッピングモーター フィードバック制御を実現

ミネベアミツミとルネサスエレクトロニクスは、ロボットやOA機器、医療・介護機器に最適なステッピングモータのソリューション開発で協業し、レゾルバ(角度センサ)付きステッピングモーターと、レゾルバモーター制御ソリューションを新開発した。これによりステッピングモータでフィードバック制御が可能となり、小型ロボットなど高精度な位置制御が求められる分野に最適なソリューションとなっている。 これまでフィードバック制御の主流はサーボモータで、センサとして光学式エンコーダが使われるのが一般的だったが、光学式なので価格が高く、振動や熱、ホコリなどが苦手という弱点があった。それに対して同製品はレゾルバ(角度センサ)…