トップニュース

自動化から始まる働き方改革、キーワードは「人を活かす」

現場の知見が最大の強みに カイゼン×IoT ここ数年、デジタル化や人手不足、生産性向上に向けてIoTやロボット、AIの活用が叫ばれてきたが、その構図に変化が起きつつある。工場や製造現場にはゴールはない。これまでもずっと変化を続けてきて、これからも続いていく。 それに対応するためには柔軟性と改善力が不可欠とされ、改めて現場における人の重要性が再認識されている。19年の製造業は原点回帰。いかに製造現場で人を活かし、未来の工場へとつなげていくかの再出発を迎えている。   スマートファクトリー=無人化 ではない 製造現場にある装置同士をネットワークで結び、それぞれの状況をデータ化して現実の製…

続きを読む

ハノーバーメッセ2019 世界と共創する絶好のチャンスが到来 世界最大・最重要の国際産業見本市

ハノーバメッセを主催するドイツメッセと日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は13日、東京・ステーションコンファレンス東京でハノーバーメッセ2019に向けたカンファレンスを開催し、ハノーバーメッセ2019の見どころを紹介した。そのカンファレンスの様子をレポートする。 世界最大にして最重要の国際産業見本市・ハノーバーメッセ 2019年4/1〜4/5に開催 6500社出展・22万人来場予定 ハノーバーメッセは、毎年4月にドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で行われる国際産業見本市。1947年に第1回が開催されて以来、70年以上の歴史を持つ。インダストリー4.0やデジタル化の最新トレンドと技術…