トップニュース

NECA 電気制御機器 2021年度見通し 6520億円 前年度比8%増 回復本格化へ勝負の年に

日本電気制御機器工業会(NECA)は、電機制御機器の2021年度の出荷見通しを発表した。21年度は出荷総額6520億円、前年度比8%増となる見通し。ここ数年はピークだった2017年から漸減してきたが、コロナ禍もあって20年度で底を打つと見られ、21年度は回復から拡大への筋道を立てる勝負の年になる。 2021年度、19年度出荷総額を超える見通し 21年度は出荷総額6520億円。20年度はコロナ禍で大打撃を受けたが、新型コロナウィルスのワクチンの普及とともに市況の改善が見込まれ、19年度並みか少し良い程度に戻る見通し。国内は3760億円(7.5%増)と好調で、上期は1840億円(10.1%増)、下…

続きを読む

2020年、日本製造業の労働人口は1054万人

総務省統計局の「労働力調査」によると、2020年の日本国内の労働人口総数は6666万人で、このうち製造業は1054万人(15・8%)となった。 過去10年の推移を見ると、定年延長や働き方改革を受けて労働人口総数は年々増加。2010年に6278万人だったのが、2020年には約400万人増えて6666万人となった。製造業に限ると、製造業従事者の数はほぼ横ばいが続いている。