富士経済 製造業向けロボットの世界市場、19年は前年比9.8%減、25年は19年比2.2倍に

富士経済は、製造業向けロボットの世界市場を調査し、2019年は1兆174億円で前年比9.8%減と発表した。 19年は米中貿易摩擦による設備投資の抑制やスマートフォン需要の停滞、半導体不況などにより市場は縮小。今後はスマートファクトリー化の進展、5G普及によるスマートフォンや半導体需要の高まり、次世代自動車や自動運転車の普及による生産ラインの刷新などによって市場は拡大するとみられ、25年は2兆2727億円で、19年比2.2倍まで拡大すると予測。   注目市場のヒト協調ロボットは、19年は590億円で前年比1.7%増に留まったが、25年には2653億円で19年比4.5倍に拡大する見込み。…

続きを読む

矢野経済研 業務用サービスロボ調査、19年度28%増65億円市場に

搬送ロボ、PASけん引 矢野経済研究所は、国内の業務用サービスロボット市場の調査レポートを発表し、19年度の業務用サービスロボット市場は前年度比27.9%増の64億6400万円とし、22年度には129億1500万円まで伸びると予測している。 調査では、業務用サービスロボットを搬送ロボットや掃除ロボット、パワーアシストスーツ(PAS)、レジロボット、検査・点検ロボット、警備ロボットの6タイプを抽出。タイプ別では製品価格が高い搬送ロボット(非ガイド走行式AGV)と低価格だが出荷数量が多いパワーアシストスーツが市場を牽引。床掃き・床洗浄・窓拭きなど安定した用途を持つ掃除ロボットも一定の存在感。異業種…