スマートハウス 資格者5000人を突破 エネルギー効率活用推進

スマートハウスに関する専門知識を習得した人の認定資格「スマートマスター」の資格保有者が5月1日付で5088人と5000人を突破した。 家電製品協会が運営して2016年9月に第1回目の試験を実施以来、これまで4回の試験を行っている。5月21日には、5000人突破記念式典が東京・イイノホールで行われ、家電、住宅、エネルギー関連の分野で積極推進に貢献のあった9社が表彰された。 スマートマスター資格は、家庭のエネルギーを「創る」「蓄える」「省エネする」ことでエネルギー消費を抑えることと、すべての人が安心快適に暮らせるお手伝いをするための多岐にわたる専門知識を保有する人の称号。省エネ住宅やエネルギー関連…

続きを読む

NECA 定時総会 18年度 3Sの進化軸に取り組む ものづくり将来像実現へ

日本電気制御機器工業会(NECA)は、「第7回定時社員総会」を東京・浜松町東京會舘で5月25日開催した。 総会は、舩木俊之会長を議長にして、2017年度事業報告および収支計算、18年度基本方針・施策・事業計画および収支予算を審議し、承認した。 18年度は、「NECAが目指すものづくりの将来像-5ZEROマニュファクチャリング」の実現推進を基本方針に、3S(国際標準化・規格化、安全、環境)の進化を軸に取り組む。 総会後、功労・功績者・委員会功績表彰も行われ、委員功労で25年勤続のパナソニック志茂吉彦氏、15年勤続のタイコエレクトロニクスジャパン及川宜久氏、オムロンリレーアンドデバイス元田繁樹氏、…