各社の機構改革と人事異動 山武(4月1日付)

【組織改革】 ▽「伊勢原生産部」、「生産企画部」及びAAC(アドバンスオートメーションカンパニー)内の「伊勢原生産技術部」、「湘南生産部」、「湘南生産技術部」を廃止し、社長直属の組織として「プロダクションマネジメント部」、「生産1部」、「生産2部」を新設する。 ▽BSC(ビルシステムカンパニー)「開発本部」内のバルブ開発機能とAAC「湘南生産部」内のCV開発機能を統合し、社長直属の組織として「バルブ商品開発部」を新設する。 BSCの「第1営業本部」と「第2営業本部」を統合し、「営業本部」を新設し、同本部内に「営業1部」、「営業2部」、「営業3部」、「営業4部」、「IMD営業部」、「営業技術部」…


各社の機構改革と人事異動 安川電機(3月21日付)

【役員】 ▽モータ事業担当(生産・業務本部長兼輸出入管理部長)専務取締役鬼頭正雄▽管理統括、CSR担当、監査室長(モーションコントロール事業部長兼営業統括本部グローバルマーケティング担当)常務取締役宇佐見昇▽兼モーションコントロール事業部長(インバータ事業部長兼インバータ事業部環境エネルギー機器事業統括部長)取締役・営業統括本部グローバルマーケティング担当小笠原浩▽兼輸出入管理部長 同・東京管理部長兼東京支社長本松修▽ロボット事業部ロボット技術部長兼務を解く 同・ロボット事業部長兼営業統括本部グローバルマーケティング担当南善勝 【理事】 ▽インバータ事業部電気駆動システム事業推進担当兼務を解く…


各社の機構改革と人事異動 オムロン(3月21日)

【機構改革】 ▽本社機能部門=グループ監査室を「グローバル監査室」、グループ戦略室を「グローバル戦略本部」、IR企業情報室を「経営IR室」、経営資源革新本部を「グローバルリソースマネジメント本部」、ものづくり革新本部を「グローバルプロセス革新本部」にそれぞれ改称する。 グローバルリソースマネジメント本部の企業文化統括センタと人財センタを統合し、「人財総務センタ」を設置する。 【人事異動】 〔インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー(IAB)〕▽グローバルサービスセンタ所長(オートメーションシステム統轄事業部セーフティ事業部事業推進部長松枝芳典 〔エレクトロニック&メカニカルコンポーネ…


不二電機工業車両向け、海外向け好調11年1月期決算売上高30億1700万円で増収増益

不二電機工業(小西正社長)の2011年1月期決算は、国内では電鉄・車両分野や機械業界、海外ではトルコ、クェート、韓国、台湾向けが伸長した結果、売上高30億1700万円(前期比3・5%増)、営業利益4億3200万円(同10・3%増)、経常利益4億6300万円(同8・7%増)、純利益2億6700万円(同7・6%増)の増収増益となった。 販路別売上高は、メーカー向け18億4464万円(同0・7%増)、国内商社向け7億4697万円(同4・2%増)、また海外商社向けは4億2555万円(同16・0%増)と大きく伸長した。 製品別の状況は、制御用開閉器が海外向けカムスイッチや鉄道車両用スイッチが好調に推移し…


人事三菱電機(4月1日付)

【管理部門】 ▽総務部長(広報部長)諸岡暢志▽人事部人材開発センター開発システム教室長((生産システム本部技師長)角憲明▽広報部長(三菱電機ヨーロッパ)地曳克二▽広報部次長(半導体・デバイス業務統括部業務部販売支援課長)河原崎宏治知的財産センター長(知的財産センター副センター長)池島宏行 【営業本部】 ▽東北支社長(産業メカトロニクス事業部長)正垣信雄▽兼中部支社副支社長中部支社電力部長宮本一敏 【生産システム本部】 ▽生産システム本部技師長(環境推進本部主管技師長)太田完治 【開発本部】 ▽先端技術総合研究所蓄電デバイスプロジェクト部長▽先端技術総合研究所技師長)漆畑広明▽情報技術総合研究所…


機構改革人事

三菱電機 (4月1日付) ▽代表執行役(専務執行役)久間和生▽専務執行役(常務執行役)国際担当笹川隆▽同(同)FAシステム事業担当野中秀恭▽同(同)自動車機器事業担当中山栄治▽知的財産渉外、知的財産担当 常務執行役・監査、産業政策渉外、法務、輸出管理担当中村強 ▽新任=常務執行役リビング・デジタルメディア事業担当梅村博之、同電子システム事業担当安井正彰、同通信システム事業担当中西康之 ▽退任=代表執行役 執行役副社長中村一幸=顧問に就任、専務執行役日下一正=同、同栗原昇=同、常務執行役中村元行


機構改革人事 富士電機ホールディングス(2月1日付)

【組織改革】 ▽社長直下に社長室を新設し、組織体制を以下の通りにする。 1.現行の経営企画本部経営企画室IR・広報部の機能を移管し、広報グループ、宣伝グループ、IRグループを置く。これに伴い、経営企画室IR・広報部は廃止する。 2.現行の経営企画本部人事室秘書室の機能を移管し、秘書グループを置く。これに伴い、人事室秘書室は廃止する。 3.現行の経営企画本部グループCSR推進室の機能を移管し、CSR推進グループを置く。これに伴い、グループCSR推進室は廃止する。 【人事異動】 ▽社長室長(経営企画本部人事室秘書室長)三吉義忠▽社長室副室長(マレーシア富士電機副社長)佐藤宗男 富士電機システムズ …


人事オムロン

【執行役員】 (3月21日付) ▽社長付(インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長)執行役員専務森下義信▽グループ戦略室長付(オムロンマネジメントセンターアメリカ会長兼社長兼CEO、オムロンマネジメントセンター欧州会長兼社長)執行役員常務山本卓二▽社長付(経営資源革新本部長)同雨宮一信▽同(エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー社長)同作宮明夫▽同(グループ戦略室長)同山田義仁▽インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長(インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー産業機器統轄事業部長)同藤本茂樹▽経営資源革新本部長付(経営資源革新本部人財…


人事

横河電機 (12月25日付) ▽IA事業部グリーンファクトリー・ソリューションセンター長(IA事業部グリーンファクトリー・ソリューションセンター)高野一志▽IA事業部ビジランドプラントサービスセンター長(IA事業部システム開発センター)島田千秋


IDEC各社決算2011年3月期第2四半期 売上高54.7%の大幅増加国内外ともに堅調に回復

IDECの2011年3月期の第2四半期連結決算は、主力の制御用操作スイッチや安全関連製品の需要回復、さらにLED照明の売り上げが拡大したことなどで、国内売上高95億400万円(前年同期比56・5%)、海外売上高は中国を中心にアジア地域での需要拡大、欧州地域向け制御装置及びFAシステム製品の回復で57億1800万円(同51・8%増)となり、グループ全体の売上高は152億2300万円(同54・7%増)となった。海外売上高構成比は約0・7ポイント減少した。利益面は、増収効果と費用削減などにより、営業利益14億7000万円(前年同期損失8億7300万円)、経常利益(同損失8億2600万円)、四半期純利…