2010年わが社の経営戦略 PAとFAの両輪で積極展開

2009年12月期の売り上げは前年度比約75%と、大変厳しい実績で終わった。PA(プロセスオートメーション)関係は、シンガポール調達のプロジェクトが余り景気の影響を受けなかったことから前年度比ほぼ横ばいであったが、FA関連が自動車生産設備の投資減少からAS―iバスなどの売り上げが苦戦し、同約60%となってしまった。 10年12月期は20%増の売り上げ計画でスタートしており、早く08年度のべースにまで戻したい。 今年度から5カ年経営計画をスタートさせている。5年間全体を見通した人員や売り上げ計画を立て実行していく。 組織もPAとFAの2つの部門に明確に分けて、それぞれの部門長が、営業責任と権限を…


2010年わが社の経営戦略 応用技術で新市場開拓

昨年1年間はつらい時期だったが、次に向かっての足場固めを行ってきた。今年は「前に打って出よう」をモットーに新商品を投入、元気な姿をアピールする。メーカーは、業界のキーワードによって新商品を作れば不況下でも脱却できる。 今期の売上高は減収だが、計画より5%ぐらい改善されそうだ。医療機器関連が好調だったのと、昨年4月に発売した2段踏みフットスイッチに工作機械業界から引き合いがきたのが大きい。従来、海外メーカーが大きなシェアを持っていたが、当社の2段踏みが評価され、耐久性、安全性も高いということで、今後新規の受注がさらに期待できそうだ。 立体駐車機用落下防止装置も競合他社が少ないということで、堅実に…


2010年わが社の経営戦略 躍進するFA・制御機器メーカー 新3カ年中期を策定

当社の業績は、製造業における大幅な設備投資抑制の影響を受け、大変厳しい状況で推移している。しかし、市場は回復傾向を示しており、単体ベースの売上高は11カ月ぶりに前年同期並に回復した。また、これまでの構造改革により、大幅に体質が強化されていることから、後半の追い込みに期待をかけている。 業績の回復とさらなる成長を目指し、5年後に売上高300億円を見据えた、新たな中期3ヵ年経営計画を策定した。 「(1)営業体制の変革による成長分野の深耕、(2)海外市場の売上拡大、(3)技術・開発体制の強化、(4)生産体制の再構築による生産性向上」の基本方針を基に、3年後に売上高213億円、営業利益率5%を計画して…