産業用ロボットを巡る 光と影(16)

働き方改革に失敗している日本企業! ロボットでは20年も遅れている大手企業 「事なかれ主義」原始的な手法   働き方改革に遅れる日本 ご存じの方も多いと思いますが、海外と比べて日本の工場は『労働時間の短縮』や『省人化』が進んでいません。 さまざまな原因の中から、私がロボットのコンサルタントとして全国の工場を見聞きしてきた事を申し上げたいと思います。   海外と比べた日本の工場 日本のものづくりの工場は海外と比べると人だらけです。どういう事かというと、海外の工場では作業のほとんどをロボットもしくは加工機が行っているのは当然で、しかもたった1人で工場全体のロボットを管理している…

続きを読む

ディーラーヘルプを考える 黒川想介 (46)

対人スキル向上の研修を 付加価値アップ目指して成長 「巨人の肩の上に立つ」という言葉は、科学者アイザック・ニュートンがある書簡の中で例えに用いたことで有名になったと言われる。その意味するところは、偉大な先人たちの業績を巨人に例えて、自分が新たな発見や遠くを見ることができたのは巨人の肩の上(つまり、ひとえに先人たちの研究や業績の積み重ねの上)に立って見たからだということである。 科学技術の分野では発見・発明を動かしがたい事実として学び、その事実を土台にしてさらに研究を重ねて新たな発見・発明ということを繰り返して現在の科学文明社会をつくってきた。 営業の分野はどうだろうか。営業は科学技術のように積…