ハードとソフトは表裏一体

5年ぶりくらいに趣味の自転車を再開した。乗り出す前に整備が必要だと思い、車体全体を丸洗いしてギアやチェーンに油を挿し、ブレーキの調整などを行った。 以前は大して気に留めていなかったが、あらためて自転車の各パーツを見ると本当に無駄がなくて美しい。それが精密に組み付けられ、ペダルの動きに合わせてギアが回転してチェーンで後輪に動力を伝え、タイヤが地面を蹴って加速する。 世の中はインターネットや電子機器が全盛だが、メカ技術の楽しさ、アナログ的なものづくりの素晴らしさを再確認した。   ▼最近は子供の習い事でプログラミング教室がはやっているらしい。2020年度からは小学校でのプログラミング教育…

続きを読む

「SIer」は和製英語。世界で通用しない

私は「システムインテグレータ」を「SIer」と表現する風潮が嫌いだ。SystemをIntegrate(統合)する人という意味で、語尾に人を表す-erを付けてSystem Integraterとし、それでは長いのでSIerと略したのだろうが、英語圏における正しい表記は「System Integrator」で、語尾は-orだ。略するのであれば「SI」で良い。今更感のある細かな指摘だが、今だからこそ見逃せない。 ▼2018年7月にロボットシステムインテグレータの業界団体FA・ロボットシステムインテグレータ協会が発足する。日本は産業用ロボットの有力メーカーがひしめき、世界のロボット出荷台数の50%以上…