経産省・各経産局・日本ロボット工業会 自動化へのお助け窓口、全国の支援機関をリスト化

2020年6月24日

ロボット導入をはじめ、生産ラインの自動化やスマートファクトリー、さらにはデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するには、自社リソースだけでは不可能。製造現場、IT、経営、金融など各層の専門家と協力し、ワンチームで取り組むことが重要。しかし現実は、そこに必要な機能や能力を持つ専門家は誰で、どこにいるのか、どう相談すればいいのかはバラバラで分からないのが実態。
 
経済産業省と各地域の経済産業局、日本ロボット工業会は、全国のそうしたプレイヤーと窓口を整理し、リスト化を実施している。特に足もとの製造現場や生産ラインからデジタル化をスタートしたいという企業向けにはピッタリだ。

■関連記事:経産省・各経済産業局・日本ロボット工業会、ロボットシステム等導入加速に向けた連携主体リスト

 
 
例えば、関東地方に甲信越を含む1都10県を管轄する関東経済産業局では、ロボット導入や自動化したい企業がはじめに相談する窓口として、各県の産業振興課が主体となり、地場企業のIoTサポートを行っている地方版IoT推進ラボ、金融面から経営や資金調達を支援する地元金融機関の八十二銀行、長野県信用組合(いずれも長野県)、千葉興業銀行(千葉県)、横浜銀行(神奈川県)、さらにはより製造現場に近いところからの相談窓口としてさがみはらロボット導入支援センター(神奈川県)、FAプロダクツ(東京都港区)、オフィス エフエイ・コム(栃木県)、日本サポートシステム(茨城県)をリストアップ。
 
さらに、導入を担うロボットシステムインテグレーターとして、FA・ロボットシステムインテグレーター協会(SIer協会)の会員企業をはじめとする、日本ロボット工業会のロボット活用ナビ登録企業を紹介している。
 
リストは今後も内容は更新・拡充される予定。